[スポンサー広告]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Parmlink--:--

2009-06-05

[パン]

天然酵母のプレーンパン

RIMG5877.jpg

<酵母作り>
 ①ビンに水250g・レーズン(オイルコーティングなし)70gほどを入れ、
  そのまま常温(20℃前後)で数日置いておく。
 ②毎日フタを開けて軽く揺すってみる、中の空気を入れ換えるつもりで。
  ブクブクと泡が出てくる。
 ③4~7日くらい様子を見て、沈んでいたレーズンが浮いた状態になれば酵母の準備OK。
 ※③の状態で冷蔵庫で1~2ヶ月保存可能。
 ※酵母として使用するのは水分のみで、レーズンは使わない。
 ※レーズンの他、リンゴ・苺・玉ネギ・酒粕などでも酵母作り可能。

<酵母おこし>(下のパン生地3回分)
 ①ボウルに強力粉90g・酵母エキス75ccをザックリ混ぜ合わせ、
  ふんわりラップし、スーパーの袋などに入れそのまま常温で24時間以上放置。
 ②種が最初の3倍ほどに膨れたらOK。アルコールの香りがほのかにする。
 ※出来上がった発酵種は、冷蔵庫で2週間ほど保存化。

<パン生地作り>
 ①ボウルに強力粉125g・発酵種50g・砂糖3g・塩2g・バター適宜を入れ、
  水(牛乳でも)75ccを少しずつ入れて全体を混ぜ合わせる。
 ②生地がまとまってきたら、台やシートなどの上で10分ほどしっかりこねる。
 ③②を大きめのボウルに移し、常温で7~8時間一次発酵。
 ④生地を6等分にし、それぞれ丸く成形する。常温で更に20分ベンチタイム。
 ⑤再び生地を丸め直し、クッキングシートを敷いたオーブン板のせる。
  レンジで所定の時間二次発酵(常温で発酵させる場合は1~2時間)。
 ⑥オーブンで所定の時間・温度で焼いて出来上がり!
 ※⑤の段階で、レーズン・くるみ・チーズを入れてもうまし。
 ※配合を変えてバターロールなぞ。


☆うちは夫とふたりなので、このレシピの出来上がりは少ないかも。
 まとめて焼いて冷凍もOKだけど、焼きたてが食べたいがために毎日焼いてる。
 発酵時間や生地作りの材料は、緻密に見せかけて実はザックリ適当(笑)
 ま、ふくれたらOKでしょ♪
スポンサーサイト

Parmlinkコメント(0)トラックバック(0)20:05

TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。